Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator 2.0.1

There is a newer prerelease version of this package available.
See the version list below for details.
dotnet add package Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator --version 2.0.1
NuGet\Install-Package Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator -Version 2.0.1
This command is intended to be used within the Package Manager Console in Visual Studio, as it uses the NuGet module's version of Install-Package.
<PackageReference Include="Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator" Version="2.0.1" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator --version 2.0.1
#r "nuget: Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator, 2.0.1"
#r directive can be used in F# Interactive, C# scripting and .NET Interactive. Copy this into the interactive tool or source code of the script to reference the package.
// Install Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator as a Cake Addin
#addin nuget:?package=Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator&version=2.0.1

// Install Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator as a Cake Tool
#tool nuget:?package=Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator&version=2.0.1

AutomaticDisposeImpl

C#でIDisposableIAsyncDisposableの実装パターンに対応するメソッドを自動実装するソースジェネレータです。

⚠️ VisualStudioを利用する場合は2022の最新版が必要です。

Introduction

以下のサンプルで示すように、IDisposableIAsyncDisposableインターフェイスの少なくとも一方を実装するクラスにpartialキーワードとAutomaticDisposeImpl属性を付与すると、クラス内に含まれるIDisposableIAsyncDisposableインターフェイスを実装している型を持つメンバを破棄するDispose()DisposeAsync()が自動実装されるようになります。

サンプルコード

using System;
using System.Threading.Tasks;
using Benutomo;

namespace SampleCode
{
    // 自動実装を適用するクラス
    [AutomaticDisposeImpl]
    public partial class DisposeableTest : IDisposable, IAsyncDisposable
    {
        // DisposeableTestのDipose()とDiposeAsync()は自動実装されるため、定義不要

        // IDisposable.Dispose()による破棄が可能なフィールド
        [EnableAutomaticDispose]
        ConsoleOutputDisposable consoleOutputDisposable = new ConsoleOutputDisposable();

        // IDisposable.Dispose()とIAsyncDisposable.DisposeAsync()のどちらでも破棄が可能なプロパティ
        [EnableAutomaticDispose]
        ConsoleOutputAsyncDisposable consoleOutputAsyncDisposable { get; } = new ConsoleOutputAsyncDisposable();

        public DisposeableTest()
        {
            Console.WriteLine("Created new DisposeableTest");
        }
    }

    // 以降は、出力例のためのコード

    class Program
    {
        public static async Task Main()
        {
            var disposeTestInstance = new DisposeableTest();

            Console.WriteLine("Begin disposeTestInstance.Dispose()");
            disposeTestInstance.Dispose();
            Console.WriteLine("End disposeTestInstance.Dispose()");
            Console.WriteLine();

            var asyncDisposeTestInstance = new DisposeableTest();

            Console.WriteLine("Begin disposeTestInstance.DisposeAsync()");
            await asyncDisposeTestInstance.DisposeAsync();
            Console.WriteLine("End disposeTestInstance.DisposeAsync()");
            Console.WriteLine();
        }
    }

    class ConsoleOutputDisposable : IDisposable
    {
        public void Dispose()
        {
            Console.WriteLine("    Called Dispose() of ConsoleOutputDisposable.");
        }
    }

    class ConsoleOutputAsyncDisposable : IDisposable, IAsyncDisposable
    {
        public void Dispose()
        {
            Console.WriteLine("    Called Dispose() of ConsoleOutputAsyncDisposable.");
        }

        public ValueTask DisposeAsync()
        {
            Console.WriteLine("    Called DisposeAsync() of ConsoleOutputAsyncDisposable.");
            return default;
        }
    }
}

サンプルコードを実行した際の出力例

以下のようにクラス内に含まれるIDisposableまたはIAsyncDisposableを実装したメンバのDispose()DisposeAsync()は、自動実装されたコードから呼び出されます。 自動実装クラスのDisposeAsync()は基本的にメンバの破棄にもDisposeAsync()を呼び出しますが、メンバがIDisposableしか実装していない場合はDispose()を使用して破棄します。

Created new DisposeableTest
Begin disposeTestInstance.Dispose()
    Called Dispose() of ConsoleOutputDisposable.
    Called Dispose() of ConsoleOutputAsyncDisposable.
End disposeTestInstance.Dispose()

Created new DisposeableTest
Begin disposeTestInstance.DisposeAsync()
    Called DisposeAsync() of ConsoleOutputAsyncDisposable.
    Called Dispose() of ConsoleOutputDisposable.
End disposeTestInstance.DisposeAsync()

使用方法

インストール

Nugetなどを利用してプロジェクトのアナライザにBenutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator.dllを追加します。

Install-Package Benutomo.AutomaticDisposeImpl.SourceGenerator

基本

以下のように、破棄の自動実装を使用したいクラスを含むC#のソースコードの先頭部にusing Benutomo;を追加し、IDisposableIAsyncDisposableの少なくとも一方を実装しているクラスにpartialキーワードと[AutomaticDisposeImpl]属性を追加します。 EnableDisposeImpl属性を追加したフィールドまはたプロパティはメンバを含むクラスが破棄と同時に自動的に破棄されます。 DisnableDisposeImpl属性を追加したフィールドまはたプロパティは自動的な破棄の対象外となります。 自動実装する意味がありませんが、メンバは空でも問題ありません。

using Benutomo;
using System;

// 同期的な破棄(IDisposable)を自動実装
[AutomaticDisposeImpl]
partial class Sample1 : IDisposable
{
    // 自動破棄するメンバにはEnableAutomaticDispose属性を付与
    [EnableAutomaticDispose]
    IDisposable _disposable;

    // 自動破棄しないメンバにはDisableAutomaticDispose属性を付与
    [DisableAutomaticDispose]
    IDisposable Disposable => _disposable;
}

// 非同期的な破棄(IAsyncDisposable)を自動実装
[AutomaticDisposeImpl]
partial class Sample2 : IAsyncDisposable
{
}

// 同期的な破棄(IDisposable)と非同期的な破棄(IAsyncDisposable)を自動実装
[AutomaticDisposeImpl]
partial class Sample3 : IDisposable, IAsyncDisposable
{
}

// インターフェイスが明示的に実装されていないため、NG。IDisposableとIAsyncDisposableの少なくとどちらか一方の実装が必要。
[AutomaticDisposeImpl]
partial class Sample4
{
}

ℹ 自動実装コードからメンバの破棄が行われるのは呼び出し方に関わらず(自動実装クラスのDispose()DisposeAysnc()のどちらが先に何回呼び出されても)、最大1回です。標準のDisposeパターンと同様に重複する呼び出しは無視されます。

ℹ 自動実装されたメンバの破棄で生じた例外は、リリースビルド時は無視され、デバッグビルド時はDebug.Fail()によってデバッガを停止させます。標準的なDispose()等は例外を発生させることなく複数回の呼び出しが可能である必要があります(Disposeメソッドの実装)。自動実装されるコードはそれが守られていることを期待しているため、破棄で例外を発生させるメンバが存在する場合は、自動実装対象から除外し、独自処理メソッドの中で破棄と例外のハンドリングを行って下さい。

Dispose()などが呼び出されるタイミングで自動実装されるメンバの破棄と同時に独自の処理も実行する

[ManagedObjectDisposeMethod]属性と[ManagedObjectAsyncDisposeMethod]属性を使用すると、自動実装されるDispose()および、DisposeAsync()の中からユーザ側のコードで実装されるメソッドを呼び出させることができます。

[AutomaticDisposeImpl]
partial class UserDefinedDisposeImplSample : IDisposable, IAsyncDisposable
{
    [ManagedObjectDisposeMethod]
    void ManagedObjectDisposeMethod() { } // 自動実装のDispose()から呼び出される。メンバの自動破棄以外のユーザ独自の処理はここで実装することができる。

    [ManagedObjectAsyncDisposeMethod]
    ValueTask ManagedObjectDisposeMethodAsync() => default; // 自動実装のDisposeAsync()から呼び出される。メンバの自動破棄以外のユーザ独自の処理はここで実装することができる。
}

[ManagedObjectDisposeMethod]属性を付与するメソッドは戻り値がvoidかつ引数の存在しないインスタンスメソッドである必要があります。

[ManagedObjectAsyncDisposeMethod]属性を付与するメソッドは戻り値がValueTaskまたはTaskかつ引数の存在しないインスタンスメソッドである必要があります。

どちらの場合も、一つのクラス内で同じ属性を複数のメソッドに付与することはできません。

ℹ この機能の仕様として、自動実装コードが実行する破棄は同期的な破棄と非同期な破棄を含めて最大1回のみであることにご注意下さい。

例えば、自動実装したクラスのメソッドが

var sample = new UserDefinedDisposeImplSample();
sample.Dipose(); // この破棄のみが有効。以降の重複呼び出しは無視される。
await sample.DiposeAsync();
sample.Dipose();

のように呼び出された場合、ユーザのメソッドが呼ばれるのは最初のsample.Dispose()のタイミングでManagedObjectDisposeMethod()が呼び出される1回のみです。そのあとに続くawait sample.DiposeAsync()と2回目のsample.Dispose()は完全に無視されます。上記の例でManagedObjectDisposeMethodAsync()が呼び出されることはありません。

もし、最初の破棄がawait sample.DiposeAsync()で行われた場合は、ManagedObjectDisposeMethodAsync()が1回のみ呼び出され、それ以降は同様に無視されます。

自動実装のメンバ破棄と独自の処理の実行順は不確定です。将来のバージョンでは順番が入れ替わる可能性がありますので、現在の自動実装の順番に依存しないように注意して下さい。

アンマネージドリソースの破棄

IDisposable.Dipose()などで自動破棄できるメンバのほかに、System.IntPtr等を利用してアンマネージドリソースのハンドルなどを保持している場合は[UnmanagedResourceReleaseMethod]属性を利用することで、アンマネージドリソースの破棄を行うメソッドを自動実装されるコードから呼び出させることができます。

[AutomaticDisposeImpl]
partial class UserDefinedFinalizeImplSample : IDisposable, IAsyncDisposable
{
    [UnmanagedResourceReleaseMethod]
    void UnmanagedResourceReleaseMethod() { } // 自動実装のDispose(),DiposeAsync(),~UserDefinedFinalizeImplSample()から呼び出される。アンマネージドリソースの破棄はここで実装することができる。
}

[UnmanagedResourceReleaseMethod]属性を使用したクラスはファイナライザも自動実装されます。そのため、明示的にDispose()またはDisposeAsync()の呼び出しがされずにオブジェクトがガーベジコレクトされた場合もガーベジコレクタのファイナライズのタイミングで自動実装されたファイナライザを経由して[UnmanagedResourceReleaseMethod]属性を付与したメソッドが呼び出されます。

[ManagedObjectDisposeMethod]属性で破棄を自動実装したクラスはIDisposableIAsyncDisposableを直接実装しているsealdクラスであるか、継承関係にある親クラス・子クラスが同期および非同期の破棄パターンを正しく実装している限り、[UnmanagedResourceReleaseMethod]属性を付与したメソッドはオブジェクトが生成されてから消滅するまでに、その間の明示的な破棄の有無や回数に関わらず、自動実装側からの呼び出し回数が必ず1回なることが保証されます。

There are no supported framework assets in this package.

Learn more about Target Frameworks and .NET Standard.

This package has no dependencies.

NuGet packages

This package is not used by any NuGet packages.

GitHub repositories

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version Downloads Last updated
2.1.3-alpha8 47 11/4/2022
2.1.3-alpha7 49 10/2/2022
2.1.3-alpha4 107 8/8/2022
2.0.1 202 7/12/2022
2.0.0 186 6/4/2022
1.0.1 159 5/20/2022
1.0.0 193 2/12/2022
0.0.0.9 495 12/11/2021
0.0.0.8 177 12/10/2021
0.0.0.6 238 9/3/2021
0.0.0.5 176 9/2/2021
0.0.0.4 201 9/1/2021
0.0.0.3 191 9/1/2021
0.0.0.2 190 8/29/2021
0.0.0.1 194 8/18/2021